トップ よびかけ 行 事 みんなの意見
Q&A グループ活動
会則と加入 リンク


 ↓クリックするとニュースを見
 ることができます。ニュースno.157です。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17  18 19  20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66  67 68 69  70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89  90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
.111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 gougai 135 136 137 138 139
140 141 142 143 144 145 146 147 148 149
150 151 152 153 154 155 156      
      よろしく    
  上の画像をクリックして、ニュースに載せる戦争体験や平和への思いを原稿にして送ってください。よろしく!
 



意見広告の頁へ
上の画像をクリックしてください


これからの行事

2018年
  月 日    
曜日 行事の内容  場 所 
6月23日    第57回学習討論会を予定しています。
 テーマ「日本会議って何だろう?」
 講師 俵 義文氏
 (子どもと教科書全国ネット21事務局長)
南市民センター
第2会議室
 

詳細は以下をご覧ください。
                 

 

 
 
 



 
これまでに紹介した内容

 

 

 

 

 



 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


 

 

 

 

 



 

 

 

「戦争はゴメン !! まちだ市民連絡会」の正式発足を兼ねたつどいで、550名が参加しました。

 

 
 
                                  映画を見た人の感想

「何と無くバラバラな事のようにとらえていたベトナム戦争と沖縄の問題が一つに結び付きました。」

「淡々と進みながら、すごい映画でした。」

「先日の写真展で見ていても、映像の迫力は違います。危険なところでもあえて行って撮ってくれるから私たちに戦争の現実・兵士ばかりでな く女子供が被害者となる現実が伝わるのですね。後藤健二さんと重ねて見てしまいました。本当にたくさんの人に見てもらいたいです。」

「石川さんとベトナム戦争、沖縄の方という記憶が残つていました。 20代の頃集会に参加しているうちに、沖縄とベトナムに連帯する歌を覚え 声をからしながら歌ったあの頃を思いだしながら映画を見させてもらいました。石川さんが語つた中で強く共感したことは、戦争の作戦を決め るアメリカのエリートはベトナムの農民のことを何も知らない、戦争は相手を差別しているからできる、という言葉です。また枯れ葉剤による痛 ましい後遺症は今も続いてることに、戦争の残虐さと大人の責任を、あらためて突き付けられた思いがしました。」



 

 

 



 
 

 

 

 

 


 
 
 
2014年2月2日の学習討論会です。

 

 

 2013年11月17日の学習討論会です。



 
 
 
2013年9月21日の学習討論会です。



 
 
2013年8月23日に実施されました。参加者は176名でした。

 

 
 2013年6月30日に実施されました。

 

 
2012年10月28日に実施されました。 



 
 
2012年9月23日に実施されました。 



 
 
2012年2月12日に実施されました。
 

子どもも親も先生も みんな幸せに  
 教育子育て九条の会講演会
     
講師 佐藤 学さん
      (東大大学院教授・前日本教育学会
       会長・教育子育て九条の会よびかけ
       人/事務局長)
 2011年
  9/4(土) 14:00~16:30

   町田市民文学館ことばらんど・大会議室  
 主催 町田市公立学校教職員組合/東京都教職員組合町田支部/虹のたね/教育子育て九条の会 

 

映画「いのちの山河」試写会のお知らせ 
 
   
 「国民健康保険法に違反するかもしれないが、憲法25条に違反しない!」
 深沢晟雄村長は県庁の役人にそう云った。

 やがて、岩手県沢内村は、全国ではじめて老人医療無料化を実施し、乳幼児死亡率もゼロにした。

 映画を見終わった感想で1位を記録した珠玉の映画を無料でご覧になれます。

出演 長谷川初範/とよた真帆/宍戸 開/他
監督 大澤 豊

主催 町田南地域九条の会
協力 共同映画社

入場無料。どなたでもご覧になれます。問い合わせ 042(796)6684 立石憲市郎
      または machimina9@a08.itscom.net 


町田ペンの会創立35周年記念映画会 
 
 65年目の終戦の日を考える特別企画 
    8月21日(土)午前10時開場

      10:25~主催者挨拶
第1部「遙かなり、愛の誓い」     10:30~15:20

     13:48~澤地久枝さんのメッセージ
第2部「愛と青春の輝き」         13:50~15:20

第3部「果てしなき愛の旅路」          15:30~18:05

出演 山本陽子/高橋英樹/南田洋子/桜田
    純子/高松英郎/高橋悦史/中井貴恵

主催 町田ペンの会
共催 財団法人町田文化・国際交流財団
入場料 1,500円  町田市民ホール/久美堂本店/町田南地域九条の会他各九条の会で取扱い  

 

 

 

 

 

ニーズセンター「花の家まつり」 
 
 町田南地域九条の会の音楽グループ「この町合唱団」と南地域の音楽サークル「ひこばえ」が合同で参加しました。
 参加団体名は「ひこばえとその仲間たち」です。
 曲名は「村まつり」「みんなの心にとどくよう」「この町から」の3曲と参加者全員で「ふるさと」を歌いました。



第17回学習討論会のお知らせ
   
  米軍基地や9条に関する裁判で、裁判所が憲法判断をさけてきた事例がたくさんあります。なぜでしょうか?
 今回はこの問題を学習し、みんなで話し合いました。









2008 文化と講演のつどい
 第1部の文化行事には歌唱力に定評がある「サルビア合唱団」、反戦詩人の会「ポエム・マチネ」、そして「町田南地域九条の会とその仲間たち」などが出演しました。
 第2部は「戦争・人間、そして憲法9条」と題し、経済同友会終身幹事の品川正治さんが講演しました。
 品川さんの話しは静かでゆっくりとした口調でしたが、参加者に大きな感動を与えました。
 会場のつくし野センターは田園都市線つくし野駅下車、改札口を出てすぐ。
 11月23日(日)午後1時~4時
 問い合わせは町田南地域九条の会
 042(796)6684まで



◆日 時 7月11日(金) 午後6時30分~ 
◆場 所 北多摩西教育会館 (JR国立駅北口徒
                     歩5分) 
◆内 容 「イラク派兵違憲高裁判決から派兵恒久法
       の危険性を見る」
 1.DVD「イラク 戦場からの告発」上映(30分)
 2.お話 (質疑含め70分)
    小澤 隆一 さん(東京慈恵会医科大学教授、
                九条の会事務局)
 3.運動の交流~各地の取り組み状況や課題~
  (40分) 
◆参加費 無料 



日吉台地下壕見学会
 帝国海軍連合艦隊の司令部がおかれた巨大地下壕が慶大日吉キャンパス内に眠っています。戦争末期、本土決戦に備えて作った施設です。今回は目で見る学習討論会として実施します。
先着12名。事務局に申し込み。

■日時 7月26日午後1時30分
■場所 慶応義塾大学日吉キャンパス
      内
■主催 町田南地域九条の会



九条の会・玉川学園 映画と講演会


6月14日(土)午前10時
    玉川学園文化センター

 「埴生の宿」の歌を背景に「戦争と平和」を描いた市川昆監督の不朽の名作。1956年版と86年版があるが、ヴェネチア国際映画祭受賞作品の56年版を鑑賞する。
 出演は井上隊長に三國連太郎、水島上等兵に安井昌二 が扮している。
 九条の会・たまがわがくえんの第28回「九条の部屋」で上映。

戦争、人間、そして憲法9条


 経済同友会終身幹事の品川正治さんが、9条への熱い思いを語ります。

 28日(土) さくらんぼホール
      13:30開場
   九条の会・玉川学園第43回例会 



座禅会を体験してみませんか
 町田南地域九条の会主催の体験座禅会です。成瀬の曹洞宗龍谷山東雲寺にお願いして実施しました。
 参加者17名。ほとんどの人が初体験で、座禅の後の柚木住職の差別をなくし、平和を愛する心のこもったお話に感銘しました。

日 時 6月25日(水) 午前9時から1時間半
     程度
場 所 東雲寺(成瀬街道交差点「東雲寺入
     口」そば)
参加費 なし   



第4回反戦平和の名作映画を観る会
名作アニメ ほたるのはか
火垂の墓
 1945年6月、神戸大空襲で母親を失った兄妹は親戚の家に身を寄せたがなじめず、池のほとりの横穴で二人だけの生活を始める。
 初めは楽しかったが周囲は冷たく、やがて二人は死に追い込まれていく。
 原作は野坂昭如。直木賞受賞作品。アニメの脚本・監督は高畑 勲。1988年に公開され、深い感動を与えた。同年アニメ大賞受賞。

 主 催 「九条の会つるかわ」
 参加費 無料

6月7日(土) 14:00 鶴川市民センター(2階第2会議室)



彼女の「戦争」は終わっていない!
ロラ・マシン物語
 「憲法ミュージカルinさんたま ロラ・マシン物語」は見る人々に大きな感銘を与え、各会場とも満員となつて大成功裡に終わりました。
 100人の市民キャストと200人の市民スタッフが織りなす物語は、戦争の悲惨さと、戦争で傷ついた中から人間の尊厳を守り取り戻そうとする1人のヒィリピン女性の生き様を、気高く余すところなく描いていました。
 車いすで出た人を含め、5歳から70代の出演者の演技も素晴らしいものでした。
 5月5日(月) 日野市民会館   14:00開演
 5月17日(土) パルティノン多摩  16:00開演
 5月18日(日) 福生市民会館     15:00開演
 5月24日(土) 立川市市民会館  18:00開演
 5月25日(日) 立川市市民会館  14:00開演
    脚本・演出:田中暢 振付・演出:石橋寿恵子 音楽:Matsunobu 演出補:有馬理恵
    振付補:上田彩・鈴木美弥子・滝沢真理 合唱指導:渡部昌子
    主催:LIVE!憲法ミュージカルinさんたま 042-513-4048
  



幕張メッセで九条世界会議
九条世界会議
 5月4~6日に千葉市・幕張メッセで開かれた初の「9条世界会議」には2万人以上の参加者と、海外31カ国・地域から150人以上が参加して大成功を収めました。
 「戦争と軍隊の廃絶」という最も本質的なテーマを真正面から掲げた平和会議は、1999年の「ハーグ平和会議」参加者の2倍にのぼり、平和への関心の高さと意気込みを示しました。
 戦争のない21世紀をめざして、日本の憲法9条を世界に生かしていくことの意義と確信を深めた会議でした。
 町田南地域九条の会も4日の全体会、5日の分科会に参加しました。



第3回 反戦平和の名作映画を観る会

原爆の子




原爆投下の日、幼稚園の保母をしていた教師が
7年後の夏休みにかつての園児たちを訪ねていく
…。原爆の悲惨さを真正面から描いた珠玉のド
ラマ。監督は新藤兼人。

3月22日(土) 14:00~15:30  映画会

               15:30~16:00 交流会

鶴川市民センター 

               2階第2会議室

主催 「九条の会」つるかわ  



LIVE!憲法ミュージカルinさんたまプレ企画



主 催
憲法ミュージカル多摩公演実行委員会準備会

日時と場所
2008年3月8日(土) 18:30。永山公民館
5階多目的ホール(永山駅徒歩5分)
入場料 500円
対  談
小森陽一
 「九条の会」事務局長。東京大学大学院総合文化研究課教授。専攻は日本近代文学。
雨宮処凛(かりん)
 作家。21歳の時、右翼団体に入会。現在はフリーター労組や身障者組織で活躍。「週刊金曜日」編集委員。
講 演
有馬理恵
 劇団俳優座。日本平和委員会理事。憲法ミュージカル「ロラ・マシン物語」演出補、出演。



小田 実さんの志を受けついで
九条の会講演会
全国から2,300人が参加し、大きな成功を収めました。






まちだ・さがみ法律事務所 憲法のつどい

       プログラム

  講演 
      外間喜明氏
      元高校教師・詩人会議会員・
      相模原東林間九条の会・沖縄
      県出身

  アコーディオン・歌声ライブ 
      橋本千香子さん

  その他、町田の九条の会からの報告
  や青年からの平和の思いなどを語って
  もらいました。
 今回の憲法のつどいは沖縄戦を経験した外間喜明氏を招き、沖縄県民の熱い思いや平和の大切さを学びました。


日時 
  12月4日(火)午後6時30分

場所 
  町田市民ホール第4会議室

主催
  まちだ・さがみ総合法律事務所
  TEL:042(720)2626



政府の約束違反に市ぐるみNO!

 米陸軍の座間キャンプに、米陸軍第1軍団司令部を移設させることに政府は協力しています。そればかりでなく、陸上自衛隊中央即応集団(海外派兵精鋭部隊)の同キャンプ移設に向けて15億円の予算を盛り込みました。米軍と一体になった海外での戦争体制づくりです。
 こうした基地強化は1971年、「キャンプ座間の基地縮小に最大限努力する」といった政府の約束に反します。市民は基地のない平和な町を望んでいます。

 日時 12月2日(日)午後1時開会
 場所 座間谷戸山公園・雨天決行
 主催 12・2首都圏大集会実行委員会



広がれ「守れ!9条」の輪
 700名が参加し、講演と文化行事に拍手を送りました。

 第1部の講演では、仏教界の高僧が自らの体験をふり返りながら、憲法9条の意義を語りました。
 第2部は、地域の九条の会や文化団体による歌、踊り、演奏などの見応えがある文化行事がを楽しみました。



主催 憲法フェスティバルinまちだ実行 
    委員会

問い合わせ 042-735-6866 西川



3000人の大学生集まれ!ピースナイト9

と き  11月16日(金)

 東京の各大学の九条の会が合同して開いた集会です。1,100人もの学生が参加して憲法9条について語り合いました。

主 催
 Peace Night9実行委員会

Mail
 peacenight9@yahoo.co.jp









全国一斉9条守れ!町田行動

9月9日
(日)午前9時~10時

まちだ109
(町田中央公民館前)


リレートーク、チラシ、ティッシュの配布をしました。
主催 憲法を守る町田の会



   町田南地域九条の会
    第9回学習討論会


 国民投票法案の強行採決によって、憲法を守る闘いは新たな段階に入りました。
 特に、運動規制の対象とされた公務員・教員は、これまで以上の勇気と創造性を発揮した取り組みが求められています。
 職場を単位とする労働組合としては最大の組合員を擁する東京都職員労働組合、その副委員長として長年活躍してきた中島剛二氏が講師となって、地域住民の「くらしと平和を守る」立場からの話しをしました。
 その後、参加者がそれぞれ意見を出し合い、活発に討論をしました。 
 



私たちは上官の命令に従い、蟻のようにただ黙々と闘った
日本軍山西省残留問題とは?

 中国山西省にいた陸軍第1軍の将兵約2600人が終戦後も中国に残留。中国国民党軍に合流して4年間共産党軍と戦った。
 その結果、550人が戦死、700人以上が捕虜となった。日本政府は兵士達が志願して勝手に戦争を続けたと黙殺。
 奥村和一は、「自分たちは、なぜ、残留させられたのか?」、その真実を明らかにするために中国に通い続ける。
 映画は、戦犯とされた軍司令官の「売軍行為」があったのかをめぐり、奥村が孤軍奮闘する姿を追うドキュメンタリー作品。
 05年、元残留兵らは軍人恩給の支給を求めて最高裁に上告した。

 日 時 2007年5月18日(金) ①午前10時30分 ②午後2時 ③午後3時の3回
 場 所 町田市民フォーラム3階ホール 開場 各回30分前
 協力券 当日券1300円(取扱店 久美堂本店)
 連絡先 映画「蟻の兵隊」上映実行委員会 042-725-3009
          ※当日会場に保育施設があります。ご利用される方は予約が必要です。 



三多摩の若者100人 どでかいスケールとエネルギュシュに


 三多摩地域での初演は1000名の参加で大成功をおさめました。
 町田市南地域からサルビア合唱団の若者4名が出演し、熱演しました。

以下の会場でも上演します。
・「ルネこだいら大ホール」 5月20日16:00 ・「アミューたちかわ大ホール」 5月26日14:00
・「八王子市民会館」  5月27日16:00   ※いずれも開演1時間前に入場できます。




   再び日本が戦争への道に踏み出したなら、これを誰よりも悲しむのは、あの理不尽きわ
   まる太平洋戦争に駆り出されて死んでいった人だろう。
    鉄の造形作家・武田美通(よしとう)が、怒りをこめて戦死者からのメッセージを伝える。

   大人1,000円 中学生以下500円(前売りのみ、当日券なし) 
   主催:町田九条を守る文化の会 後援:町田市・東京新聞 協賛:週刊金曜日



生かそう憲法 守ろう九条
改憲手続き法はいらない
月日 2007年5月3日(木)
場所 第1部は日比谷公会堂

第1部 憲法集会(12時開場・13時開会)
◆スピーチ
  植野妙実子(中央大学教授・憲法学)
  浅井基文(広島平和研究所所長)
  志位和夫(日本共産党委員長)
  福島みずほ(社民党党首)
◆歌&コント
  オオタスセリ

第2部 1万人銀座大パレード
  出発 15時

主催 2007年5・3憲法集会実行委員会



憲法を守る町田の会3周年のつどい

  1.特別講演


国民投票法をめぐる国会情勢と
     憲法九条を守る今後のたたかい

 講師 四位直毅(全国革新懇代表世話人・弁護士)
 2.職場、地域の九条の会からの報告
 3.憲法を守る町田の会の提案


       日時:4月25日(水) 午後6時30分   場所:町田市民ホール第3会議室







 軍国主義教育の中で、「愛国行進曲」など数々の歌は重要な役割を持っていたようです。そんな歌が当たり前のように思えても、戦争が終わり、平和が来た時は、とても嬉しかったと講師の水速さんは話しました。参加者は、平和憲法の理想を教育に生かすことの大切さを実感しました。



町田市内 映画「戦争をしない国日本」の上映会

ドキュメンタリー映画
 「シリーズ憲法と共に歩む」第1編
 監督・脚本 片桐直樹
 製作委員会 法学館、他
 上映時間 90分
 
  下記の通り上映されました。
月日 会 場 主催団体 参加者
3月21日  金森第5都営集会所  九条の会金森/町田南地域九条の会 90名
3月22日  教育会館  憲法を守る町田の会 30名
3月24日  ぱいでぃあ  九条の会つるかわ 41名
3月25日  さくらんぼホール  九条の会たまがわがくえん 87名



アベさんの「美しい国」での憲法論議

教育基本法を改悪し、次に憲法を5年以内に
改悪しようとしているアベさんの狙いは?
 
  
07年3月10日(土)14:00~16:00

会 場 勝楽寺(町田市原町田3-5-12
参加費 500円
講 師 小沢隆一さん(九条の会事務局・
       憲法学者)

終了後、講師を囲み交流会を行いました。
 主催  九条・町田(連絡先 042-726-5326  090-4396-1628) 



「まもろう憲法!ゆるすな改悪教育基本法!2・3東京集会2007」(同実行委員会主催)が3日、東京・日比谷公会堂で開かれました。

 教育基本法が改悪されてから東京で開かれる初めての大集会で、1700人の参加者は、憲法を守る取り組みを強める決意を新たにしました。
 集会は憲法劇「がんばれッ!日本国憲法」で幕開け。
 渡辺治一橋大学教授が「安倍政権は教育基本法改悪と改憲で何をめざすのか」と題して講演し、改憲手続き法(国民投票法)案を通さないたたかいの重要性を強調しました。



町田南地域九条の会第6回学習討論会

 新自由主義によって増大した貧困層が軍隊の供給源になる一方、強いものが勝って当然という論理が「文明と人道に反するものは、武力で押し潰してもかまわない」という新保守主義(ネオコン)の主張や価値観と相まって、イラク戦争に代表されるようにアメリカの危険な対外政策と深く結びついてきました。
 そして、このアメリカに協力する目的で進められているのが、今の憲法「改正」の動き。

07年1月28日 つくし野センター第2会議室で行われました。
講師は町田南地域九条の会世話人 吉本臣精氏。



映画「戦争をしない国」の上映運動を
 ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法と共に歩む」の第1編「戦争をしない国」が完成しました。監督・脚本:片桐直樹。制作:青銅プロダクション。90分。製作:2006ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法と共に歩む」製作委員会。URL:http://www.filmkenpo.net/。製作・普及を成功させる会呼びかけ人代表:伊藤真(伊藤塾塾長・法学館憲法研究所所長)ほか。
 12月9日18時30分12月10日14時(伊藤塾東京校)からの上映会以外にも、DVDとテープを貸し出しています。1本5万円からで、詳しい内容は上記ホームページを参照して下さい。



今 歌わずにはいられない 2

1部 コカリナ演奏、他

2部 憲法の前文はラブソング
 
「日本国憲法」「ヒロシマの有る国で」「そんな町を」・・数多くのヒツト曲に託して愛と平和、友情と希望を歌い続け、今年31年目の歩みを始めた
  

きたがわ てつ
 さんをお呼びして

   2006.12.9(土) 15:00~
    
    町田市民フォーラム

参加費 前売り 2000円 当日 2500円
主催 憲法を守る文化の会 連絡先 町田市旭町1-15-1 042-725-6315






町田革新懇憲法講座(第18回)
平和憲法はアメリカに押し付けられたって本当?
06年1119日(日)PM2:00~4:30

町田市民フォーラム視聴覚室

 講師 岩田行雄

 元早稲田大学政治経済研究所特別研究員。著書に「検証・憲法第九条の誕生」など。  
テキスト代 500円  問い合わせは 042-728-3726 坂上忠志 042-727-1785 皆越和子まで



町田南地域九条の会1周年記念行事
会員以外の一般参加者を含め210名が参加しました。
 左の画像をクリックすると感想文があります。






    澤地久枝さんが講演

 「九条の会」のよびかけ人である澤地さんが現代の状況を鋭く追求します。
 映画「密約」は同氏の原作で、1978年にテレビ朝日開局20周年記念番組として制作されたTVドラマの劇場公開版。72年に実際に起こった沖縄返還にからむ外務省機密漏洩事件。




「九条の会」つるかわ結成2周年企画







  
検証!教育基本法

 教育の憲法といわれる教育基本法が変えられようとしています。「教育基本法『改正案』」で子どもたちはのびのびと育ち、学力も向上するのでしょうか。
 だとしたら、こんなに良いことはありません。
 でも、その前に、現場の先生たちのお話を聞いてみませんか。
 疑問、質問、なんでもどうぞ。
 当会の学習討論会は、時間が足りなくなるほど、参加者が自由に意見を述べ合っています。

 南市民センターは町田街道バス停「南農協前」下車徒歩2分。



憲法九条と私たちの思い

「九条の会・金森」発足一周年のつどい
激動する秋の陣に備え、総会をかねて開催します。

日時 9月17日(日)
    午後1時~4時30分

場所 金森中央会館
    「金森」バス停 児童公園となり

 内容    オムニバス「みっつの思い」 ひとり語り 村田洋子さん(舞台女優)
        「九条の会」全国交流集会をプロジェクターで上映
        講演 「現在の情勢と国民名投票法」 四位直毅弁護士
        トーク・トーク(教育基本法・北朝鮮問題・戦争体験・くらしと環境問題など)
    


「蟻の兵隊」 & 池谷監督・山田朗対談!
     映画人九条の会上映会

 第二次世界大戦の終結後、中国山西省に駐屯していた北支方面軍第一軍の将兵1万人は、武装解除を受けることなく、敵であった国民党の司令官に引き渡されました。世界の戦争史上、類をみないこの売軍行為は、戦犯逃れを目論む日本軍司令官と、共産軍の圧力を恐れた国民党司令官の密約によっ引き起こされた一大スキャンダルでした。
18:45~21:00 参加券 1200円  前売り券 1000円
詳細は  http://kenpo-9.net/



 伊藤 真さんに聞く
「もっと知ろう 憲法のこと」

だれが?何のため?
私たちの憲法を変えたいの?


9/9 (土) 18:30~(18:10開場)

伊藤 真さん
 1958年生まれ。「伊藤塾」塾長として受験指導を幅広く展開するほか、「憲法の伝道師」として各種団体や集会で講演を行うなど活躍している。「法学館憲法研究所」の所長でもある。

 主催 九条・まちだ

  町田市民フォーラム3階ホール

 ◆チケット
  前売り  一般800円  学生500円 / 当 日  一般1000円  学生700円
 ◆問い合わせ・チケット予約  Tel.Fax 042-726-5326  携帯 090-4396-1628
    久美堂本店2階(小田急線町田駅カリヨン広場ドトール珈琲店並び)でも販売 



 画家の水速信孝さんは当会語り部のお一人です。元NHKの美術デザイナーとして「雲のじゅうたん」「夢千代日記」などを担当。東京、大阪につづいて京都でも個展を開きます。また、このたび、新風書房の本「孫たちへの証言」第19集に水速さんの絵が収録されました。(1365円消費税込み) ご購入を希望される方は書店でお求めいただくか、当会事務局までご連絡いただければお取り次ぎ致します。より詳しい内容はここをクリック。



憲法Folk Jamboree

 18日(金) 14:00~20:00
 19日(土) 10:30~19:30
主催 蓮根の会

 TEL  03-5684-6671
  FAX  03-5684-6675
1日券 2800円(当日券3000円) 2日(通し)券 4500円






心の合唱とトークの集い

子ども・親・教師・地域のつながりの中で輝き、成長する
人と人とのつながりの中で、夢や希望をもち、明るく生きている姿をお見せします。そして、
見ださった人達と一緒に、自分と地域の素晴らしい未来づくりのために、大いに語り合いましょう。
6/18)14:00~16:3013:45開場)

 成瀬センター(ホール)

第1部
    ①サルビア合唱団の歌とロックソーラン
    ②鈴木梢(元南成瀬中)先生と合唱団
      の仲間たちとのトーク

 第2部
    ①グループに分かれて懇談
    ②まとめ

 主催 南地区教育懇談会
 問い合わせは 042-727-2470 川幡まで
  (当日の保育を希望される方もどうぞ)
 



学力世界一!フィンランドの教育に学ぶ

 これまでの教育に満足しない親の思いが、学びの現場を揺さぶり始めている。進む学力低下、激しさを増す国際競争。そして、子どもたちの心の危機が、その揺れに拍車をかける。教育再興の道をどう描くか。変化の最前線を西島記者が「教育ルネッサンス(読売新聞)」の中で追いました。

2006年6月10日(土)14:00

 わくわくプラザ町田



 主催:町田教育懇談会  共催:町田の教育をすすめる市民の会/東京都教職員組合町田支部
 後援:町田市/読売新聞東京本社
 問い合わせ:町田教育懇談会連絡会 042-728-7741(都教組町田支部・町田教育会館内) 



九条の会全国交流集会
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

 ■日時 2006年6月10日(土)11:00~16:30  ■日本青年館

 全国から会場いっぱいとなる1,550名が集まり、全体会と11の分散会で活動を交流しました。
 主催者からは地域・分野別「九条の会」は全国で5,174組織になったと発表されました。




子どもはお国のためにあるんじゃない!
教育基本法変えないで!町田市民集会
 子どもを国が決めた鋳型にはめ込まず、一人ひとりを大切にする教育を守ろうと、教師、生徒、お父さん・お母さん、町の人たち250人が市民ホールに集まり、各代表が報告や挨拶をした後、原町田公園までデモ行進しました。

日(金)18時30分~ 町田市民ホール第4会議室

■集会 18時30分~19時20分  ■市内パレート 19時30分~20時30分

 主催 憲法と教育基本法改悪反対市民運動実行委員会
 
   〒194-0032 町田市本町田918 町田教育会館
   電話 042-728-7741  FAX 042-729-4189





町田南地域九条の会も参加しました
 町田南地域九条の会の会員の皆さんの
 集合場所、時間は次の通りです。

 第1集合場所
  東急田園都市線「つくし野」駅改札口
  午前11時

 第2集合場所
  代々木公園NHK前道路
  12時(正午)

 ※町田南地域九条の会の「のぼり」を
   目印にお集まりください。

 主催団体:「5・27国民大行動実行
        委員会」
問い合わせ:町田南地域九条の会事務局 042-796-6684 



憲法記念日に九条守る大宣伝

「憲法を守る町田の会」恒例の街頭宣伝で、一般参加を呼びかけて実施しました。
    
   
日()午前11時~正午まで

   町田「109」(中央公民館)前

  内容
  ① 九条守る意見広告ビラと憲法・教育基本法改悪反対のポケットティシュを配る 
  ② リレートークを行う 
  ③ 憲法改悪・教育基本法反対署名を集める
  連絡先 憲法を守る町田の会 042-728-5726 






現憲法の成立と

その意義を探る


 町田南地域九条の会が開催するテーマ別の学習討論会でした。
 名取講師の話は分かりやすく、あっというまの2時間半でした。



基地はいらない!


 米陸軍第1軍団司令部の座間移転に反対する集会。集会成功に向けて、市をあげて取り組みました。
 詳しくは以下を。

座間市ホームページ
集会のチラシを配る座間市長




映画人九条の会



民族歌舞団 荒馬座

 被爆60年を節目に、「核も戦争もない世界を」の願いを民俗芸能に込めて被爆者のお話とヒロシマの神楽を構成しました。原爆ドームと灯籠に向かって、亡くなったたくさんのいのちへの供養として、そして平和への誓いを込めて、芸能を奉納したいと思います。

2/11
(休・土)
 16:30 開場
 17:00 開演
南大沢文化会館 主ホール
 京王相模原線「南大沢」駅より徒歩2分
    042-679-2202

 ■料金 大人・・3000円  子ども、障害者・・2000円 (いずれも当日は300円増です)
 ■主催 たまたま40実行委員会 
 ■申し込み・問い合わせ たまたま40実行委員会/Eメール tama240@mail.goo.ne.jp
             民族歌舞団 荒馬座 http://www.araumaza.co.jp/

憲法連続講座
「戦争をする国」になって日本の安全を守るよりも
日常生活の安全こそ私たちの平和
    
    ■日 時 2006日(日)午前10時~12時
    ■会 場 町田市民フォーラム 4F第2学習室
    ■講 師 名取 孝浩(弁護士、まちだ・さがみ総合法律事務所)
           久谷 英郎(相模原平和委員会)
    ■参加費 無料
    ■主 催 町田革新懇憲法連続講座実行委員会
    [連絡先Tel/Fax 坂上忠志042-728-5726 皆越和子042-727-1785]



自民党「新憲法草案」と 「国民投票法案」を考える集い
         ■と き  1月29日(日)午後1時30分~4時
         ■ところ  金森センター「かわせみ」(石井自動車の横)
         ■講師  名取孝浩弁護士(まちだ・さがみ法律事務所)
         ■主催  九条の会・金森 Tel/Fax 042-722-6899


山本典人さん(元小学校教師)の紙芝居「かよこ桜」もありました。
 



町田平和委員会の定例学習会

「米軍再編と実態・市民の取り組み」

お話
 久谷英郎さん(キャンプ座間周辺市民連絡会)

21日(土)午後6時 町田市民フォーラム第2学習室

連絡先 町田平和委員会 〒194-0032 町田市本町田918 Tel & Fax 042-728-9134



町田南地域九条の会第1回学習討論会 第1回学習討論会
  



映画人九条の会から一周年集会のメールが入りました。ご紹介します。詳細はリンクのページから映画人九条の会を開くと見ることができます。


米陸軍第一軍団司令部のキャンプ座間 への移転を阻止しよう11.26大集会
 
神奈川県座間市谷戸山公園で開かれた「キャンプ座間への米陸軍第1軍団司令部の移転阻止!11・26大集会」は1万1千人が参加し、基地を包囲しました。
主催 米軍第一軍団司令部のキャンプ座間への移転を阻止しよう 11.26大集会実行委員会



 
三多摩ネットワーク 語ろう 憲法 秋の大交流会

 05年9月30日で一周年を迎えた三多摩憲法ネットワークの記念行事。講演と各地の運動の交流が行われました。
◆ 時 11月25日(金)18:30  場所 国分寺労政会館(旧勤労福祉会館)
◆ 内容 
 1.報告「アジアから見た憲法九条」    報告者 石川久夫(歴史教育協議会委員長)
 2.運動の交流各地の取り組み状況や課題
◆ 連絡先 
★住所 立川市錦町1-17-5 三多摩法律事務所内三多摩憲法ネットワーク事務局
★電話 042-524-4321  ★FAX 042-524-4093
★メール sknet@mbn.nifty.com
★ホームページ  http://homepage2.nifty.com.sk-net/



今 憲法が危機 未来へとどけよう 平和への願い憲法九条 

 憲法「改正」の動きが強まっているもとで、どうしたら9条を守ることができるか。運動の先駆的な役割を担っている坂本修弁護士に話を聞く学習講演会でした。

     日 時 
11月25日(金)18:20~
     会 場 町田市民ホール第4会議室
     講 師 坂本 修(弁護士 自由法曹団団長)
     資料代 300円


       主催 まちだ・さがみ総合法律事務所  電話 042(720)2626



 
   「憲法改悪、大増税の攻撃に社会的
  大反撃を」との呼びかけに、三万五千人
  の「オー」の声が響き渡りました。十九日、
  「憲法九条を守り、世界に広げよう」「庶
  民大増税反対、くらしと福祉を守ろう」を
  掲げて東京・明治公園で「11・19国民
  大集会」が開かれ、飛行機や新幹線、
  貸し切りバスなどで全国から集まった参加
  者で身動きもできないほどになりました。




東京の高校生 平和の集い
              へいわ  
    未来の笑顔を築くために 今 過去を学ぼう
プロ グラム 
分科会
◎ 全体会・前半
 ・スライド(侵略戦争の実態)
 ・特別講演 「元従軍慰安婦の証言」
 ・劇 「戦後日本の出発点とは」
 ・スライド構成劇 
   「イラク・貧困問題の実態)

◎ 分科会(証言・話し合い)

◎ 全体会・後半
 ・スライド・構成劇
   「九条と私たちの未来」

 証言
 ・イラクの現状と課題
 ・特攻隊
 ・被爆者のお話

 話し合い
 ・18歳選挙権
 ・生きること、幸せ、恋愛について
 ・学校で学ぶ意味とは
11/20(日) (日)

12時30分開場
13時00分開会

参加費

高校生無料 大人500円 

会場 筑波大学付属駒場高等学校
     京王井の頭線「駒場東大前」駅井の頭方面出口

主  催 東京高校生平和の集い実行委員会
連絡先 桐朋高校 沖村・富永(042-577-2171)
メール  okimurat@msi.biglobe.ne.jp




 映画「チョムスキー9.11」や「老人と海」で有名なジャン・ユンカーマン監督が、日本国憲法の意義を国際的な視野で描きました。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や九条をどう考えるのか。日本の戦後史を描いた「敗北を抱きしめて」の著者ジョン・ダワーは「すべての戦争は自衛の下で行われている」と指摘。映画に登場する識者は、武力行使の放棄を誓った九条の意義を問いかけます。
 チョムスキー、ダグラス・ラミス、日高六郎ら世界の知識人12人へのインタビューをもとに検証するドキュメンタリー。各地の九条の会が上映運動を行っています。

 日 時   1113日(日) 14:00~16:00 (13:30開場)

  会 場  町田市民フォーラム3Fホール

  主催 九条・まちだ   問い合わせ tel/fax 090-4396-1628(今井)



みんなで考えよう
地球に広がる核・放射能・汚染・ヒバクシャ
世界の核実験場の被爆者を取材するなどフォトジャーナリストとして有名な 森住 卓氏 を招いた講演会です。

 1111日(金) 午後30分開演(6時開場)

    町田市民フォーラム・ホール

入場無料
主催 東京都教職員組合町田支部
   電話 042-728-7741 E-mail  machida-tu@nifty.com



被爆者とつどう会

2005年11月5日
(土) 午後1時30分~4時30分

勝楽寺 町田市原町田3-5-12 電話 042-722-3147
被爆体験   橋爪 文

  講 演     きくち ゆみ
橋爪 文
 1931年広島県生まれ。14歳で被爆。日本ペンクラブ、戦争に反対する婦人の会、新歌曲21などに所属。「少女14歳の原爆体験記」や詩集、作曲などで活躍。

きくち ゆみ
 1962年東京生まれ。マスコミ、金融界を経て90年より環境問題をライフワークに。9.11事件をきっかけに反戦・平和を訴える国際的な活動を展開。著書「地球と一緒に生きる」など。

主 催   町友会とともに生きる会
お問い合わせは 志村(電話)042-735-3580  本間(電話・FAX)044-987-4785



町田南地域九条の会
秋のビックイベント

  10月30日(日)午後2時から開
  催された「町田南地域九条の会」の
  結成総会を兼ねた「つどい」には、つ
  くし野センター・ホールの座席が110
  名の参加者で満杯になりました。
   参加者の約3分の1が会員以外だ
  ったことも、主催者はびっくり。その内
  新たに27名の方に会員になっていた
  だきました。
   参加者からは、歌あり、話あり、全
  員合唱ありで、「楽しかった」「話す人
  の、それぞれの立場から見た九条の
  話を聞けて良かった」という感想が出
  されました。



自民党改憲案゜憲法前文」

 自民党は10月28日、現行憲法の前文を含め、条文を全面的に「改正」する「新憲法草案」を決定しました。焦点の九条については、第1次案の段階で出されていたように、1項は残したものの、2項をすべて削除しました。その上で「九条の二」を追加し、自衛軍の保持を明記しました。さらに、「国際平和の確保のための国際協調活動」を認めることで、自衛軍の戦争参加を可能にしました。
 憲法改正の要件については、国会の発議を3分の2から2分の1に緩和し、改正しやすくしました。
 条文の改正は自民党にとってもはじめてで、11月22日の結党50年記念大会で正式に発表される模様です。

新憲法草案
詳細についてはここをクリックして下さい。



 

   折からの雨にもかかわらず、大ホール
  は700名余の老若男女の熱気に溢
  れ、特に、若い人の参加が目立ちまし
  た。
   中学生が中心の「サルビア合唱団」
  の歌とロックソーランには、「鳥肌が3回
  立った」という人が出るなど、圧倒的な
  人気を博しました。



イラクに遠征の米軍司令部がやってくる

キャンプ座間増強のねらうもの
キャンプ座間増強のねらうもの
となりの街がアメリカの戦争拠点になるって、ほんと?
今でもがまんの限界、爆音はもっとひどくなるって?
憲法九条なくし、日本も「戦争する国」にするため?

☆と き 10月16日(日) 午後1時~
☆ところ 金森中央会館(金宗寺)
☆お話 新原 昭治さん(国際問題研究者・日本平和委員会理事)

☆資料代 300円

 主催 九条の会・金森 町田市金森820-7-305 塚平方 TEL/FAX 042-722-6899



「町田九条を守る文化の会」が発足

 音楽が再び戦意高揚の道具にされないように、平和だからこそ享受できるようにと、「町田九条を守る文化の会」が発足しました。呼びかけ人は佐久間久美子さん、西川研一さん、大島高行さんの3名。会に参加する文化団体、個人を募集しています。
 第1回集まりとして「九条フェスティバル」を計画。文化を愛する人たちを中心に開催されました。
   ☆ 日時  9月9日(金)午後7時
   ☆ 場所  町田中央公民館 第4学習室


 「町田九条を守る文化の会」のお問い合わせは下記まで
    〒194-0023 町田市旭町1-15-1 大島高行気付
    tel/fax 042-725-0315/090-1739-4819
    e-mail goegoe@yahoo.co.jp
   



九条の会つるかわ 戦後60年特別企画

戦争の真実を語る
 陸軍科学研究所の一部で、当時の生田村登戸にあったのが「陸軍登戸研究所」と云われた謀略研究機関。主に「スパイ謀略兵器」「経済謀略兵器」「決戦兵器」などを研究していました。この研究所に勤務した和田一夫氏は、1944年中国・山東省に派遣されましたが、45年にソ連に抑留されて強制労働を経験。その後中国の戦犯管理所に収監され、56年に不起訴で釈放されました。
 帰国後、中国帰還者連絡会を結成し、戦争体験の語り部として平和運動に参加。
 氏の生々しい体験を聞く九条の会つるかわの特別企画として、9月4日(日)14時から 鶴川市民センターで開催されました。






真夏のビック企画

上野の森に
平和の歌がこだました




憲法を守る町田の会と各地域の九条の会

終戦記念日に「九条を守る大宣伝」を実施

憲法を守る町田の会と各地域の九条の会は、8月15日の終戦記念日に、以下の市内各駅頭で一斉に憲法九条を守る大宣伝を実施しました。
☆ JR町田駅         憲法を守る町田の会/憲法を守る南大谷・高ヶ坂の会
☆ JR成瀬駅         九条の会金森
☆ 小田急線鶴川駅     九条の会つるかわ/和光学園九条の会
☆ 小田急線玉川学園駅  九条の会たまがわがくえん
☆ 田園都市線つくし野駅  町田南地域九条の会準備会
☆ JR相原駅         堺地域九条の会
☆ 木曽山崎センター     憲法九条守る町田木曽、境川の会
 宣伝は午前11時から正午まで行われました。 


   
自民が改憲条文案を発表
 
自衛軍を明記、参戦を可能に
 
 自民党の新憲法起草委員会(委員長・森喜朗前首相)は8月1日、「新憲法第1次案」を発表しました。7月7日に同委員会が発表した「改憲要綱第1次素案」をたたき台にしたもので、条文化した改憲案は初めてです。自衛隊を自衛軍に改称して明記、国際協調の名のもとに世界のどの地域の戦争にも参加できるようにしました。さらに、大規模な反戦運動にも対応できるよう治安出動を盛り込んだことなどを含め、九条全面改悪の内容になっています。
※当準備会ニュースNO.2に解説記事があります。
現憲法との比較(九条に関して)
現憲法 改憲案
      第2章 戦争の放棄

 第九条[戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認]
① 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

② 前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
 国の交戦権は、これを認めない。
       第2章 安全保障
     (安全保障と平和主義)
 第九条 日本国民は、諸国民の公正と信義に対する信頼に基づき恒久の国際平和を実現するという平和主義の理念を崇高なものと認め、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する平和国家としての実績に係わる国際的な信頼にこたえるため、この理念を将来にわたり堅持する。

 2 前項の理念を踏まえ、国際紛争を解決する手段としては、戦争その他の武力の行使又は武力による威嚇を永久に行わないこととする。

 3 日本国民は、第1項の理念に基づき、国際社会の平和及び安全の確保のために国際的に協調して行われる活動に主体的かつ積極的に寄与するよう努めるものとする。

 (自衛軍)
 第九条の二 侵略から我が国を防衛し、国家の平和及び独立並びに国民の安全を確保するため、自衛軍を保持する。

 2 自衛軍は、自衛のために必要な限度での活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和及び安全の確保のために国際的に協調して行われる活動並びに我が国の基本的な公共の秩序の維持のための活動を行うことができる。

 3 自衛軍による活動は、我が国の法令並びに国際法規及び国際慣例を遵守して行わなければならない。

 4 自衛軍の組織及び運営に関する事項は、法律で定める。
 
 (自衛軍の統制)
 第九条の三 自衛軍は、内閣総理大臣の指揮監督に服する。

 2 前条第二項に定める自衛軍の活動については、事前に、時宜によっては事後に、法律の定めるところにより、国会の承認を受けなければならない。

 3 前二項に定めるもののほか、自衛軍の統制に関し必要な事項は、法律で定める。


より詳しい内容や解説記事をご覧になりたい方はクリックを
新憲法第1次案(PDF)


九条の会・有明講演会

9500人が九条に熱い思い
 「九条の会」が主催した「有明講演会」が7月30日(土)、東京・有明コロシアムで開かれました。参加者は9500人。三木睦子さんや大江健三郎さんら6氏の話に聞き入り、「九条守る気持ちをあらためて強くした」「元気と勇気をもらった」などの感想がだされました。


 被爆60年の今年、原水爆禁止世界大会の事前企画として「反核平和まちだのつどい」が開催されました。企画したのは民青同盟町田地域協議会などの青年団体。
 真実井房子さんが被爆体験を、川田忠明(日本平和委員会代表理事)さんが講演し
ました。
 
 

先頭に戻る