トップ 行  事 ニュース みんなの意見
Q&A グループ活動
会則と加入 リンク
みんなの力で平和憲法守りましょう
「町田南地域九条の会」参加のよびかけ

  私たち国民が生きていく上でとても大切な憲法が、今、大きく変えられようとしています。 

1.安倍首相は今年(2017.5.3)の憲法記念日に開いた改憲団体の集会にへメッセージを送り、9条の
 1項、2項はそのままにして3項を書き加え、この3項で自衛隊を明記するとしていよいよ明文改憲の
 方向に舵を切りました。
  さらに、改定憲法の施行は2020年にするとしてその時期まで明言しました。
2.また、総理大臣が「緊急事態」を発することによって、国民の権利を制約する「緊急事態条項」を導
 入する考えも明らかにしました。

 9条2項は戦力の不保持と交戦権の否認を定めたものですが、3項で自衛隊が明記されれば2項は
空文化し、自衛隊の戦争参加と武力行使の歯止めはなくなってしまいます。
 また、特定秘密保護法に続く共謀罪の導入で、憲法上戦争が可能になるだけでなく、戦争に反対す
る国民を取り締まることで戦争する上での障害をなくし、「戦争する国」作りを完成させようとしています。
 
 日本は戦後60年間、ただの一度も、海外で武力を行使しませんでした。憲法九条があるからで、こ
の九条が戦争参加の歯止めになってきました。
 そして、この九条は、戦争を否定し、平和に生きることを世界に約束した意味を持っていますから、か
つて日本が侵略した国とも仲良くしてこれました。
 さらに、近年になって、「世界から戦争をなくすために、日本の九条を見習おうではないか」という声が、
いろいろな国やいろいろな国際会議の中で出てきました。
 人類の歴史は、特に20世紀に入ってからは、戦争を繰り返すたびに、どうしたら戦争をなくすことがで
きるかを考え、そのための様々な方法を生み出し、進歩してきました。世界中の国々が参加している国
際連合も、その一つです。その国際連合の話し合いの中でも、日本の九条の価値が認められてきたの
です。そうしたときに、この素晴らしい憲法を変える必要が、一体どこにあるのでしょうか。
 国と国の争いは、戦争以外の方法で解決しようと、世界の人々が努力しています。その努力を促す
平和憲法を九条の会に入って守り、世界のすみずみにまで光り輝かせようではありませんか。

 2017年6月(改定)

   よびかけ人(2005年5月)
鵜養 孝
鬼塚希代仁
川嵜新三郎
古波倉正偉
実川 廣司
鈴木源四郎
鈴木 弘子
田口 二郎
谷澤 和夫
中里 龍夫
中島 剛二
橋本 卓
橋本 堯
藤田ヨシエ
細野 龍子
水速 信孝
柳田清太郎
山本 典人
柚木 祖元
吉川 理人
吉澤 利雄
吉本 明子
吉本 臣精 
全日本金属情報機器労働組合神奈川地方本部書記長
元目黒区中小企業センター館長
元教師
弁護士
品川区職労退職者会副会長
町田生活と健康を守る会理事
主婦・書道家
新日本スポーツ連盟全国卓球競技会理事
社民党町田市議会議員
神奈川北央医療生協理事
元東京都庁職員労働組合副委員長
元川崎大師病院院長
和光大学教授
元教師
共産党町田市議会議員
美術デザイナー・画家
町田生活と健康を守る会理事
教育研究者
曹洞宗・東雲寺住職
元教師
町田公営住宅協議会事務局長
主婦・元教師
語り部
※よびかけ人の中には、2017年6月現在で故人となっている方もいます。
 そうした方々のすべては、生涯を通して平和のために尽くしました。

参加のよびかけ
先頭に戻る トップページに戻る